孤独は風俗で埋めて

だけどやっぱり風俗かなと思うのは…

いろんな娯楽があるし、時にはそちらに浮気してしまうこともありますけど、最終的には「本妻」じゃないですが風俗に戻る自分がいるんですよね(笑)やっぱり風俗が一番男の理想を分かっているというか、消化不良感がないなって思いますね。それにオプションの存在も大きいと思います。男が満足出来るという大前提が出来上がっている中で、更にオプションでより楽しむ時間を演出出来ると思ったらオプションの存在、そして風俗。これらの組み合わせがより素晴らしいものをもたらしてくれるのは間違いないと思いますので、風俗の存在は自分の中で想像以上に大きな物になっているのも、ある意味では当たり前の話かなと思いますよね。だから風俗で遊ぶ時、自分の中でかなりドキドキさせられることになるんですけど、それはやっぱり風俗への信頼感があるからこそなんじゃないのかなって思いますね。その気持ちが、自分のつまらない日々の心の支えでもあるんですよ(笑)前橋デリヘルの情報が多数掲載中!

社交辞令?いいじゃないですか

風俗嬢の言葉と言うのは基本的には社交辞令なので真に受けてはならない…みたいに思っている人もいるかもしれませんけど、真に受ける必要はないとしても喜ぶのはありなんじゃないかなと(笑)むしろそこで自分のテンションが上がるなら断然ありなんじゃないのかなと思いますよ。それに風俗嬢だって別に本気で驚ているとかじゃなくて、相手を満足させるためだってことは大前提というか、お客だってそのくらいのことは弁えているだろうって気持ちを持って遊んでいると思いますので、別に真に受けてもそれはそれで問題ないんじゃないのかなと思いますけどね(笑)そもそも風俗って性的サービスを提供してくれますけど、広く言えば相手を満足させるってことじゃないですか。言葉によって相手のテンションが高くなって、満足が近付くのであれば風俗嬢としてもいろいろな言葉を投げかけてくれます。それが男のモチベーションを左右している以上、言葉のチョイスも風俗嬢の腕の見せ所ですよ。